日本臨床皮膚外科学会
日本臨床皮膚外科学会が発行する論文を検索・ダウンロード

登録論文数:352点

論文検索:
日本臨床皮膚外科学会とは
ごあいさつ
リンク
皮膚外科最前線
認定医・専門医の紹介
■お問合せ先
日本臨床皮膚外科学会 事務局

〒169-0072
東京都新宿区大久保2-4-12
新宿ラムダックスビル
株式会社 春恒社 学会事業部内
tel : 03-5291-6231
fax : 03-5291-2176
e-mail : office@jsds.jp
gsk

Vol.23,No.3の論文


[ 巻頭言 ]

開業と皮膚外科
このたび22年間の勤務医生活(大学院生時代を含む)に終止符を打ち,生まれ育った仙台市内でクリニックを開院いたしました.皮膚科医になってからのほとんどの期間,仙台以外の地にある病院に勤務していたので,仙台で診療するのは10数年ぶりです.今はこれからの開業医生活
笹井収                     

/SkinSurgery Vol.23 No.3 2014-10-01

ダウンロード選択

[ プロシーディング ]

足底表皮嚢腫に対するくり抜き法―自治医科大学附属さいたま医療センター18例のくり抜き症例の経験から―
足底表皮嚢腫は通常の表皮嚢腫と異なり,表面に孔がなく,外傷による表皮の真皮内迷入やヒト乳頭腫ウイルス感染が発生に関与することも知られている.足底表皮嚢腫は荷重部位に好発するので,小さい創で治療する意義は大きい.現在,足底表皮嚢腫に対して,くり抜き法が適応
出光俊郎  中村考伸 加倉井真樹 正木真澄 中村哲史 平塚裕一郎 永島和貴 山田朋子 塚原理恵子 成田多恵,堂本隆志,若旅功二,梅本尚可           

/SkinSurgery Vol.23 No.3 2014-10-01

ダウンロード選択

M-plastyの応用
M-plastyは皮膚腫瘍切除の際にドッグイヤー変形をきたしにくく,またエステティックユニットに合わせることができるため広く用いられている1).これまで腫瘍切除以外のさまざまな皮膚外科手術に対してM-plastyを応用してきたので,その有用性について報告する.
森岡大地  大久保文雄                   

/SkinSurgery Vol.23 No.3 2014-10-01

ダウンロード選択

植皮術後5年放置した部位に生じた中足骨骨髄炎の1例
化膿性骨髄炎は難治性の疾患であり,治療に苦慮することが多い.保存的治療で改善しない場合には壊死組織,腐骨組織などの掻爬,除去や患肢離断,切断が必要となる.今回,植皮術後5年放置した部位に生じた中足骨化膿性骨髄炎を経験したため報告する.
大西正純  前田文彦 高橋和宏 赤坂俊英 森 康記                

/SkinSurgery Vol.23 No.3 2014-10-01

ダウンロード選択



Copyright (C) 2006 Japanese Spciety for Dermatologic Surgery. All Rights Reserved.